バス会社が車両を改造して美容室にする

バス会社は車両を主に人を乗せるために保有しており、車内においても座席やつり革などが備わっています。

このとき、バスを輸送目的とするものからサービスを提供するためのものとして取り扱うという考えをすることができます。その中の一つが、車両を美容室に改造してバス会社の新しい収益として取り扱うということです。輸送目的という考えから、サービスを提供するために使用するという発想に変化させていくのです。

それによって、すでに保有している車両を別の目的に使用して売上を確保する資産として捉えていくことができるのです。バスを改造して美容室としての機能を持たせることによって、バス会社は新たな事業を行うことができます。美容サービスを提供することによって、バス事業以外の収益を稼ぎ出すことができるのです。加えて移動することが可能なため、道路を走って様々な地域へと出向いてサービスの供給が可能となります。それに伴って、売上を増やす機会を多くすることもできるようになるのです。

このようにバス会社が車両を改造して、車内を美容室として利用していくということを考えることが可能なのです。輸送以外にも、サービスを与えるという役割を車両に付与することで別の使い道となるのです。そして、このサービスは店舗を持たなくてもよいというメリットを保有しているのです。すでにある資産を活用して、新たな事業を展開するということを選択肢に含むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *