美容室とリンスとトリートメント

美容室でのヘアケアとして、メニューにはトリートメントがあります。

ですが美容室のメニューでは、リンスという項目はあまり目にすることはありません。美容室でのヘアトリートメントは、髪の毛を美しく維持するためにも良いものです。りんストの違いを知っておくのもよいでしょう。毎日のシャンプーと一緒に使用する機会が多いのはリンスで、意味としてはすすぐといった意味を持ちます。静電気を防止したり、枝毛ができるのを防いだりします。大切なキューティクルに保護膜を作ることにもなるため、指通りは良くなりますし、髪の毛には艶が出てきます。

ほかにもコンディショナーというものもありますが、これは決まった定義はないものです。どちらかというとリンスに近いものであり、商品によって異なりますが、髪の毛の内部修正のための成分を含みます。美容室でもお馴染みのトリートメントは、治療とか処置という意味があります。基本的な働きはリンスと同じようなものです。

リンスよりも優れているのは、髪の毛の表面だけではなく、内側のダメージまで補修する成分を含んでいることです。髪の毛がとても傷んでいるわけではなければ、毎日のシャンプーの後に使用するにしても、リンスでのお手入れで十分でしょう。髪の毛のダメージが自分でも気になるという時は、集中してトリートメントを使用してみるのがいいでしょう。リンスインシャンプーというのもありますが、これはシャンプー剤とリンスの作用があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *