美容室と髪の毛のメラニン色素

美容室に行っていきなり美容師に、髪の毛のメラニン色素の話をされることは、まずないでしょう。

しかし美容室でプロとして活躍する美容師は、髪の毛のメラニン色素についても深く理解しています。美容室にはメラニン色素メニューはないですが、ヘアカラーや白髪染めのメニューは充実して出ています。髪の毛のメラニン色素というよりも、メラニンと聞くと女性の場合は、肌のシミの敵だとか、ムダ毛のメラニン色素を連想するかもしれません。

女性というのは美容に関しての意識が富士山レベルで高い人が多いので、反応して頭の引き出しから出てくるイメージも豊富です。メラニン色素に関しては、脱毛の時にも登場しますし、シミ治療などでも必ず出てくるワードであり、間違いではありません。髪の毛に関しての場合は、悪者ではないので味方にして上手く付き合うべきものです。太陽の暖かい日差しは気持ち良いですが、有害なUVの紫外線をメラニン色素によって吸収して、大切な頭皮を守るという働きをしています。

そんなメラニン色素というのは、髪の毛をトータルで見たときに、その4.5%をしめているものです。そんなメラニン色素は0%になってしまうと見た目にも真っ白です。例えばブリーチをしたりすると髪の毛は、ほんのりと黄色く見えますが、これは髪の毛にまだメラニン色素が残るためです。日本人は黒髪が美しいですが、もっと黒い髪の毛なのはインド人ですから、それだけインドは紫外線が強いということでしょう。
大阪の美容専門学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *