美容液は目的に合わせて選びましょう

毎日のスキンケアで用いる美容液。

肌が不足している成分を補給してあげるのが目的なので10代や20代前半などまだ必要でない方も多いでしょう。しかし何歳から始めるべきといった定義があるわけではないので、お肌に不安を感じたらその時が始め時なのです。美容液はその目的ごとに様々な種類があります。多いのが保湿、次いで美白、そしてしわやたるみ解消目的のものです。それぞれの商品ごとにその効果が記載されているので、それを参考に選ぶといいですが、もっと効果を得たいなら裏書を確認することです。

化粧品の裏、もしくはパッケージや別の説明書に必ず成分が記載されています。配合量が多い順番の記載となるので、その中で自分の期待する効果のための成分が含まれているか確認するといいでしょう。保湿であればセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、美白であれば、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸など、しわ、たるみ解消であればビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンなどが有名です。

それぞれの目的の成分が含まれているかしっかり確認することです。また、使用法も気を付けることです。美容液は基本、化粧水の後につかいます。化粧水で肌を整えた後に美容液で成分を補給、それを乳液で肌内部に閉じ込めるというのが正しい順番です。ただ、中には化粧水の前に使う種類もあるので、その効果を最大限に得るためには使用の前に説明書をきちんと読んで正しく使うことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *